曲がったパイルドライバーを修理してきました

いつ購入したか覚えていませんが、キャンプではほぼ100%の頻度で活躍しているパイルドライバー(Pile Driver)。

重いし、嵩張るし、ケースは高いしで持ち運びに関しては微妙なのですが、ランタンスタンドとして最高に優秀です。三脚ではないため設営時の見た目の美しさだけでなく、脚を広げる必要がないため躓くこともないので、子どもがいるようなキャンプにも最適です。安全面にも配慮され、洗練されているお気に入りのギアです(刺さる場所じゃないと使えませんが)。

完全にひん曲がったパイルドライバー

随分前から少し曲がっていたのですが、先日のふもとっぱらでのキャンプ時での設営の際、ペグで石を砕いてからパイルドライバーという順で設営していたのですが、堅いところをガンガンやった結果、更に大きく曲がってしまいました…

設営自体は打ち込むだけなのでそのまま使用できないことはないのですが、
現地で壊れたり、設営が甘くなり事故に繋がるのも怖いので、
「そろそろ買い替え時かな」と考えていました。ただ、「スノーピークだし、修理できるかも」と、思い調べてみると、修理可能(部品交換)な記事がチラホラ。

修理不可だったら買えばいいと思い、公式サイトの「アフターサービス」で、申込み。

スノーピークに修理依頼

  1. 「オンライン修理受付」を選択
  2. 会員ログイン
  3. 修理エントリーで必要事項を入力
  4. 注意事項や規約に同意
  5. 引き渡し方法を選択(送付の場合は着払い)
  6. 対象の商品や使用頻度、返送先情報を入力
  7. 修理の進め方の 確認
  8. 次回使用予定日を入力(すごい気が利いていますね!)
  9. 確認等を済ませ 完了
    ※ステップが少し多く感じるかもしれませんが、段階を踏むことで修理状況を細かく絞り込んでいくため、送付後や持ち込み後のやり取りが減ります。

私の場合、近所にスノーピークストアがあるので持ち込みを選択し、
完了画面に表示されていた情報を手に早速依頼してきました。

無事に修理(交換)完了

店員さんに確認したところ、一番下の曲がっているパイプ部分のみ交換で対応可能とのこと。
費用は見積もり後に連絡します とのことで、修理をお願いして店を離れた所で「すいません、交換パーツがお店にあったため即交換可能です。」と、電話をもらいお店にUターン。
店員さんに謝罪されましたが、即交換できるとは考えていなかったので、大変助かりました。

修理費用は?


今回はパーツの交換対応だったため、税抜き1,820円 でした。パイルドライバーの先端に付けるゴムのカバー(いつの間にか紛失してました)もつけていただき、得した気持ちで、ペグを追加購入して帰りました。

感想

スノーピークのサポートは素晴らしいですね。
キャンプ道具はどれも長く使うものが多く、こういう形でのサポートをしてくれるとありがたいです(パッケージが保証書になっているようなものだと捨ててしまいガチなので…)。
これからのキャンプでもパイルドライバーが活躍してくれそうです。

スノーピーク製品の修理レビューでした。

※パイルドライバー用のケースが高いと書きましたが、パイルドライバー以外の長物の収納にも使用しているので助かっています。

掲載したキャンプ道具

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,437 (2018/12/10 16:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,616 (2018/12/10 16:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA