寝袋(ダウンシュラフ)を洗濯しました | メンテナンス

寝袋(ダウンシュラフ)を洗濯しました

モンベルのダウンシュラフ(#3)を、10年ほど愛用しています。
キャンプを始めてしばらくは、安い寝袋で過ごしていましたが、春・秋の寒さに耐えきれなくなり、友人に勧められれて購入した寝袋です。
※モンベルの寝袋はストレッチするので就寝時に圧迫感もなく最高です。

使用後はしっかり干し、自宅保管時は吊るすか寝袋用の収納袋で保管したりと、そこそこ気を使っていたせいか、汚れや匂いもが気になることはなかったんですが、いままでを振り返ると70~80回ぐらいは使っているはず。

以前と比べ、保温性が落ちているように感じていたので、そろそろ新しいのを買おうかなと思ったものの、1度も洗ったことがありません。ちょっと調べてみると、

皮脂などが付着すると、たくさんの空気を蓄えることができなくなり、保温性が低下してきます。(モンベルから引用)

との記述が。
まだまだ使いたいので今回は家で丸洗いしてみました。
※クリーニング方法はモンベルの公式サイトを参考にしています。洗濯できるかどうかは各メーカーの案内や、消費者庁の洗濯表示の指示に従ってください。

必要な道具

性能は極力落としたくないので公式サイトの指示通りにするため近所にあるモンベルストアへ行って、洗剤撥水剤を買ってきました。必要なのは下の2個(化繊の場合は家庭用の中性洗剤で洗濯OKとのこと)

  1. O.D.メンテナンス ダウンクリーナー(ダウン専用の洗剤)
  2. O.D.メンテナンス S.R.リキッドスプレー(撥水剤)

必要な環境

  1. 浴槽
  2. コインランドリー
  3. 広げて陰干しできるスペースと時間

が、必要です。

洗濯方法

準備

  1. シュラフのジッパーを止め、ドローコード類を緩めます
  2. 浴槽にぬるま湯を張り、必要量の洗剤を入れます

洗濯の流れ


シュラフを浴槽に入れ、空気を抜くようにしながら足で優しく踏みます。


足で踏み続けます。空気が入ってるので中々洗えてる気がしませんが、中のダウンを痛めないようやんわりと踏むというか押す形で洗います。汚れが出来るまで踏み続けます(洗剤の色なのかちょっと怪しいですが)
※折角なのでスノーブーツも一緒に洗ってます


汚れが出きった所で、お湯を入れ替えながらすすぎ作業


バスタオルを押し当てる形で脱水します。かなりの水を含んでるのでめちゃめちゃ重いです。
※絞るとダウンや中綿が痛むのでNG

ここからは写真なし

  1. 乾燥はコインランドリーで行いました。ジッパーを開け撥水剤をふりかけて乾燥開始。「低温」で出来るようであれば、低温に設定。
    ※化繊はコインランドリーの使用自体がNGの場合が多いので注意してください。
  2. ボールを入れると仕上がりがふっくらするらしいので(ボールがあたって羽毛をほぐす?)、家にあったテニスボールを放り込んで一緒に乾燥させました。
  3. コインランドリーで20分ぐらい回しました(公式サイトだと7分と書いてるのですが、まったく乾いてなかったので…)。70~80%ぐらいの乾き具合だったので、室内にコットを置いて、その上にダウンを敷き、さらに1週間程乾燥させました。
  4. 各所の羽毛部分がまだ濡れて固まっているようだったので、定期的に手のひらで叩くようにほぐしてあげて完了。結構固まっていたのでちょっと不安でしたが無事にふわふわになりました。

やってみて

今回は1つでしたが、複数個まとめて洗うなら自分でやるのがおすすめですが、それなりに時間と労力を使うので(お金もそれなりに)、数がないならクリーニングもいいかもしれません。

寒い季節に使用していないので保温性が回復したかはまだ試せていませんが、へたりを感じていた寝袋がふかふかになっているので、これだけ空気が入れば暖かそうです。秋キャンプが楽しみです。夏はダウンシュラフの出番もあまりないと思うので、乾きやすいこの時期のメンテナンスにおすすめです。

使用した道具

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥1,380 (2018/12/10 16:05:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA