緑の休暇村 青根キャンプ場(神奈川) | キャンプ

2014.5.31〜6.1
神奈川県相模原市にある緑の休暇村 青根キャンプ場(以下青根キャンプ場)へ行ってきました。

山梨と神奈川の県境辺りにあり、道志の森方面のキャンプ場です。

今回は3人の少人数キャンプ。

気候もいい時期なので混雑でテントが張れないっていう自体を避けるため、
まずはキャンプ場向かい、設営してから買い出しをということでチェックインを済ませ場内に。

青根キャンプ場

管理人さんからの案内も特になかったので空いているのかなと思ったら、なかなかの混雑…
場所はあるのかなと不安になりつつも奥へ行くと、ぽっかりとスペースが空いていたので、
無事今日のスペースを確保。一安心。

買い出し

青根キャンプ場

設営が終わった所で麓のスーパーマルエツ 三ヶ木店で買い出し(前回道志方面に来た時はフレサ津久井店だった気がします)。
道志方面はほとんどお店がないので事前に買い出しを済ませるか、設営と買い出し班のふた手に分かれるかした方がいいですね。

と、まぁ張り切っていたせいか、ちょっと買いすぎを反省しつつキャンプ場へ。

早速食事

今回はツーバーナーを忘れるという失態があったので焚き火台で調理(ガス缶だけ持ってきてもね…)

青根キャンプ場

まずは張り切って買ったイカ。
絵的にも最高ですね。
なんだか夏のよう。

青根キャンプ場

蚊取り線香にも火をつける。
ますます夏ですね。いい時間です。

フレスコボール

青根キャンプ場

食べすぎたので軽く食後の運動っていうことでフレスコボールを初体験。

ざっくり言うととにかくラリーを続けるっていうブラジルのスポーツ。
ビーチスポーツなので、風の影響も受けづらいしってことで、アウトドアでも相性良さそうです。

絶賛普及中のため、興味のある方は公式ブログでモニターを募集しているのでぜひ。

※自分がプレーしていたせいで肝心のプレーしているところの写真を撮れなかったのでまた後日あらためて。

軽食

青根キャンプ場

で、また食べる。

本当は炭火焼きチキンのトルティーヤを作る予定だったんですが、
ソースを忘れたのでそっと内緒にしていつものローリーのシーズニングで作ったトルティーヤ。
美味しいのでオススメです。

場内散歩

お腹も膨れ、ようやく落ち着いたので場内を散歩。

かなり綺麗に整備されていて、全体としてはファミリー向けのキャンプ場。
区画はないようのでテントサイトはフリーサイトだけなのかな?

青根キャンプ場
すぐ脇には川が流れていて、管理釣り場もあるようです。
子どもたちも水遊びできるし夏はBBQ客を含めて人で溢れそうな気配。

青根キャンプ場
炊事場も綺麗。

青根キャンプ場
トイレも綺麗。ウォシュレットが付いているトイレもありました。

夕飯

青根キャンプ場
まだ空は明るいけれど、戻って夕飯。

青根キャンプ場
雰囲気のあるエビを食べ、あとは少しづつBBQ。

青根キャンプ場
写真は日中撮った写真ですが、20時ごろにキャンプ場の隣にあるいやしの湯へ行き身も心もサッパリ。
徒歩で行ける距離に温泉があるってのいうのはホントに危険。入り浸りそう。

青根キャンプ場
ハイボールを再開し、空になったところで就寝。

朝食

今回の朝食は、

青根キャンプ場
餅、ホットサンド、小エビのアヒージョ

青根キャンプ場
完全に3人で食べる量じゃなかったけど、無事に完食。
のんびり撤収をして帰路へ。

青根キャンプ場
日曜日もかなりいい天気だったのでデイキャンプの人たちがすごい数に。
今度来るときは子どもと一緒かな。

帰り道

青根キャンプ場
まずは温泉ということで、今度は秋山温泉
ただの温泉旅行みたいになってきましたが、そのまま相模湖方面にある蕎麦屋へ。

青根キャンプ場
喜庵

青根キャンプ場
とろろ蕎麦を食べたのに写真を撮り忘れましたが、美味しく天ぷらもいただいてキャンプ終了。

久しぶりのキャンプ最高でした!

料金

利用料の詳細
公式サイト内の料金表ページ
住所
〒252-0162 神奈川県相模原市緑区青根807
公式サイト

緑の休暇村 青根キャンプ場
電話番号
042-787-1380

大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA