ハッカ水 | 虫よけ

アウトドアで使える、夏の虫よけ対策と言えば、自作できるハッカ水

ハッカ油を精製水に数滴入れ、シュッと吹きかけるだけで、
ブヨ対策に加え、清涼感も与えてくれます。ベタつきもないので、夏のアウトドアシーンで大活躍です。

以前、ブヨに刺されて2年ぐらい痒みに悩まされた経験があるため、
ブヨがいそうなキャンプ場へ行く際は、必ずハッカ水を持参していくようになりました。

虫対策だけでなく、涼しく感じさせてくれるので、持っていて困らないアイテムです。作り方は簡単なのでぜひ持っていきましょう。

必要なもの

  1. ハッカ油(ハッカユ) / 500円〜
  2. 無水エタノール / 800円〜
  3. 精製水 / 100円〜
  4. 容器 / 100円〜
注意点
  1. ポリスチレン製(PS/樹脂)の容器は溶けてしまうので、購入時に気をつけましょう。
    • ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ガラス製であれば大丈夫です。
  2. 精製水は不純物が少ないっていうだけなので、水道水でも大丈夫です。
  3. 「無水エタノール」でも「消毒用エタノール」どちらでも大丈夫
    • 純度の違いだけなので多分です。
  4. ハッカ油を多くいれすぎると、濃すぎて寒く感じてしまったり、子どもの肌には強かったりするので適量入れましょう
  5. 1週間ぐらいは持つと思いますが、出来るだけ使い切るようにして、作ったばかりのものを使用しましょう。

作り方

  1. ボトルに無水エタノール(10〜20ml)を入れます。
  2. ハッカ油を20滴ぐらい垂らします。
  3. 精製水(水)※を90ml程度入れ、よく振って完成

肌が露出している箇所や足元にこまめにふりかけましょう。
消臭効果や殺菌効果もあるので、夏場に持って来いです。

ブヨは朝・夕に多く出てくるので、足元を中心に振りかけてしっかり対策しましょう。
※刺された時はステロイド系の塗り薬で直しましょう。

ハッカ油はかなり持つので、1本買えば何シーズンか持つのでおすすめです。

ハッカ油や精製水、エタノールはドラッグストア。
ボトルは100均や無印良品で購入できます(私は霧吹き器を使ってます)。

虫よけスプレー

ハッカ水だけではなく、ハーブ系の虫除けスプレーや、蚊取り線香や強力な森林香、
虫除けスプレーも併用して、夏のアウトドアを楽しみましょう。

紹介したアイテム






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA