ハッカ水 | 虫よけ

アウトドアで使える夏の虫よけ対策と言えばハッカ水

スポンサー広告

ハッカ油を精製水に数滴入れ、シュッと吹きかけるだけで、
ブヨ対策に加え、清涼感まで与えてくれます。
ベタつきもないので、夏のアウトドアシーンで大活躍です。

以前ポイズンリムーバーの紹介時にも書きましたが、
ブヨに刺されて2年ぐらい痒みに悩まされたせいもあり、
ブヨの噂が少しでもあるキャンプ場に行く際は、
ハッカ水を忘れず持参していくようになりました。

効果(アウトドア時)

  • 虫除け(蚊・ブヨ)※
  • 清涼感
  • 消臭効果

ぐらいでしょうか。
※蚊の対策はローズマリーやラベンダー、レモングラス、ゼラニウムといったハーブで作ったほうが効果がありそうです(未検証)。

作り方

  1. 霧吹き器にハッカ油を数滴と消毒用のエタノールを入れます。
  2. 精製水(水)※を入れよく振ります。
  3. ハッカ水の完成(冷蔵庫やクーラーボックスで冷やすと気持ちいですよ)

※精製水を使う理由は塩素や保存的な意味合いが程度なので、水道水で作っても大丈夫です。
※エタノールを少し加えることで殺菌効果が生まれます(入れなくても大丈夫)
※ハッカ水を多めに入れても効果は変わらないので注意

ボトルは寝ぐせ直しに使っていたボトルを再利用して使っています。

こまめに肌が露出している場所や足元にふりかけましょう。
消臭効果や殺菌効果もあるので、夏場に持って来いです。

余ったハッカ油は入浴時に浴槽に入れると涼しいですよ。
入れすぎると寒く感じたり、温度の高いお湯でも低く感じるので気をつけてください。

ハッカ油や精製水、エタノールはドラッグストア。
霧吹き器はホームセンターや園芸を扱っているお店で購入できます。

虫よけスプレー

ハッカ水だけではなく、ハーブ系の虫除けスプレーや、蚊取り線香や強力な森林香、
虫除けスプレーも併用して、夏のアウトドアを楽しみましょう。

Amazonで購入する

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA