実践主義道具学 | 書籍

冒険家のホーボージュン氏著

1996/4〜2004/9という長期間にわたって、モノ・マガジンで連載されていた話から40話を厳選・加筆修正をして出版された本です。

初めてキャンプへ行き、ハマりそうだった自分に、そっと友人が手渡しくれた本です。

実践主義道具学

紅葉の木にかかっているコールマン 200Aランタンの写真が表紙です。
本を手に取るたびに200Aランタンが欲しくなります。緑の中に赤って映えますよね。

本の内容は、ホーボージュン氏が実際に愛用している自身のエピソードを添えて紹介する形式です。

ホーボージュン氏の文章は読んでいて欲しくなるのはもちろん、思わずキャンプや旅に行きたくなります。
「こんな状況になることあるかな…」というぐらい過酷なシチュエーションで使用している時もありますが、
結果としてそういう中でこそ本領を発揮してくれる道具を紹介されています。

MSRの「ウィスパーライト・インターナショナル」を「おこりんぼストーブ」と表現しているところは、
実際使ったことがある人にはクスっとくるネーミング(MSRのネーミングセンスも面白いですが)

実践主義道具学 vol.1は手に入りづらくなっているかもしれませんが、vol.2も出ているので是非手にとって見てください。
自分が持っているギアをホーボージュン氏ならではの切り口で紹介してくれているかもしれません。

自分の文章も少しでも「使ってみたい」「キャンプに行きたい」と思ってもらえるよう少しづつ頑張らねばと思っています。

Twitter

@hobojun

Amazonで購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA